totoBIG 確率

totoBIGの当選確率約1/480万について

totoBIGの当選確率が理論上1/480万という事はしっていますか?
これを、確率が高いという方もいれば、確率が低いと思う方もいるようです。
私は、totoBIGをたまにするのですが、理論上1/480万という確率は結構良いほうでは?
と思います。

totoBIGが当選確率が低いともなれば、ジャンボ宝くじなんてもっと低いですからね。
ジャンボ宝くじ模擬実験というサイトがありますがそこで仕組みが良くわかると思うので暇な時にでも一度見てみてくださいね。
そういえばそんな私でも一度totoBIG が参加者が多すぎて、システムエラーのようになった事がありましたよね?去年でしょうか?わすれてしまいましたけど、
その時はさすがに参加者が増えると当選確率も減るのでは?という意味のない考えもしてしまいましたが、totoとは違い、自分で選ぶことが出来ないのは、ちょっと残念な気がしますが、やはりくじ事というのは夢でもありますね。
当たってもいないのに、当選確率の話をしながら、当たったら何をするか〜などと考えるのがとても楽しいです。

とりあえず、自分が楽しめているうちは、理論上1/480万という確率を信じて楽しんでtotoBIGやってみたらいいと思います。

totoBIG 確率

totoBIGの当選確率と当選種類について

totoBIGを始めて購入したという方は、totoBIGの、当選確率や、何になったら当選なのか・・がいまいちわからないと思います。
私も最初は何もわからなかったので、もし確率よくて当たっててもわからなかったかもしれません。

totoBIGの公式ページを見てみると、当選確率や、当選種類などが書かれています。

当選確率に関しては、
(理論値)と書かれ、
1等… 約1/480万
2等… 約1/17万
3等… 約1/1万3,000
4等… 約1/1,643
上記のように表示されています。

また当選の種類に関しては、
1等… すべて的中
2等… 1試合はずれ
3等… 2試合はずれ
4等… 3試合はずれ

となっています。
当選種類を見てみると一等はどうかわからないけど、2等、3等などは案外いけるんじゃないの?と思いますよね?
でもtotoとは違いtotoBIGは、自分でチケットを選ぶことが出来ません。
ロボットが予想したものを購入するという感じになるので、実際には、これよりも気持ちの確率が下がるような気がします。 絶対無理だと思うハズレくじを引いてしまう可能性もありますしね。

totoBIG 確率

totoBIGの当選確率・当選額の詳細

totoBIG買いました!!
宝くじも買ったことのない私なので、当選確率??と言うものが気になってちょっと調べてみました。

私がtotoBIGを買ってみたのは友人から当選確率がいいという事を聞いたこともあり、
それで購入したのですが、調べてみると・・・本当にtotoBIGは当選確率が高いようです!!

totoBIGは、売り上げの50%が当選金となるようで、そのうちの80%が1等に、10%が2等に、5%が3等に、5%が4等に配分されるそうです。
簡単に計算してみると、売り上げの40%が1等、5%が2等、2.5%が3等、2.5%が4等の当選金となるわけですよね。確率的にも高そう?!です。

実際にtotoBIGの当選金を各等の当選口数で割ったものを計算してみると、
各等のおおよその当選確率がだいたいわかります。

1等約1/480万、2等約1/17万、3等約1/1万 3000、4等約1/1,643であり、平均的な当選額は1等約5億7000万円、2等約260万円、3等約9万8000円、4等約1万2000円でしょう。確率も宝くじと比べるとずいぶん高いきがしますし、とても夢があります。

totoBIG 確率

totoBIGの確率について

最近テレビやサッカーファンの間ではtotoBIGが非常に熱いですね!
何でそんなに人気なのか、
それはtotoBIGの確率にありました!
totoBIGの当選確率は、478万2969通り!!という事は、おおよそ1/479万という確率になります非常に魅力的ですよね。
それに比べても一般的なジャンボ宝くじの1等当選確率は1/1000万になってて比べてみると、totoBIGのほうが断然確率が高いようです。

でも、よーく考えてみると、そうなると、利益はあるのか?
何からお金が入ってきているのか・・がよくわかりません。確率が良くて当選金が高いと言うのは理論上ありえないと思っている私なので、ちょっと確率について色々考えて見ました。

なぜ確率が高いのにtotoBIGは、利益になるのか、キャリーオーバーが発生するのか、
それは、totoBIGは配布されるものであって自分で選ぶわけではありません。
もらった時点でコレは駄目だなと思う券に300円は高いと思います。
それだけこのtotoBIGは難しいんでしょう。
例えば、ジャンボ宝くじの一等がでなかったということは無いですけど、
totoBIG当たりが出ない事が大いに考えられます。
それで、キャリーオーバーというものが存在するのですね。

しかも、誰も当たらないということが起こる可能性が十分にあります。

totoBIG 確率

totoBIGの確率

totoBIGやってますか?
最近はtotoBIGがCMなどでもキャリーオーバー中などと注目を浴びることがありますね。国内最高額の賞金額とキャリーオーバーにより最高6億円のチャンスが生まれるから注目されているのでしょう。

そのtotoBIGの確率っていったいどうなっているんでしょうか?
最近人気も出ているから確率も下がっている??とか思ってしまいますよね。
確率を知らないからにはどうしてもやることが出来ない!という方もいらっしゃるかもしれませんが、

一般的なジャンボ宝くじは前後賞あわせても3億円。
それに対して6億円のtotoBIGは桁外れの懸賞金だとういうことが改めて分ります。そして単純にジャンボ宝くじの1等当選確率は1/1000万でtotoBIGは478万2969通りなのでおよそ1/479万と確率も魅力的ですね!

totoBIGはtotoのように自分で選ぶというわけではないのですが、
(配布されるものです。)
結果が1/479万という確率ならば一度は挑戦してみてもいいんじゃないでしょうか。

宝くじと同じ値段で確率が高いtotoBIGなら宝くじに一度も当たった事のない人も
少しが当たる確率が広がるという事です!!


Powered by Seesaa
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。